東京23区の葬儀

東京23区の葬儀

お通夜、葬儀に参列する場合の服装

急に友人や知り合いが亡くなって、急にお通夜や葬儀に参列することになった際、悩むのは服装です。いくら葬儀に参列し、手を合わせても服装がだらしないだけで、それだけで周りからは不愉快に見えてしまいます。冠婚葬祭で大事なことというのは第一に服装です。いくら中身が大事だと言っても人間どうしても見た目が第一印象になってしまいます。ではお通夜や葬儀の服装として失礼のない服装というのはどういった服装でしょう?

まず、お通夜の際は葬儀に比べてそこまで服装にこだわる必要はありません。訃報を聞いて慌てて会社などから駆けつけて参列するという場合が非常に多いので、会社帰りの方などはそのままの服装でも大丈夫です。ただ余裕があるのであれば男性は黒のスーツの方が好ましいです。女性も同じく黒のワンピースやスーツが好ましいです。お通夜の場合はそこまで服装にこだわる必要がありませんが、最低限アクセサリーを外す、サンダルでの参列など常識の範囲で服装は考えましょう。

次に葬儀の服装です。男女とも黒のフォーマルな服装での参列となります。男性の場合は黒で上下とも同じ色のスーツに白のワイシャツで黒のネクタイ、黒い靴下、そして黒の靴が基本です。女性の場合は黒のスーツやワンピースで装飾のなるべく少ないものが無難です。ストッキングも黒、または肌と同じ色のものです。女性のバッグに関しては黒で派手ではないもの、大きくブロンドのロゴが付いているものや皮製のバッグなどは持っていかない方が無難です。なるべく小さくて目立たないものが良いです。また、葬儀ではお線香をあげたり、手を合わせたり、手に注目する機会が多いのでマニキュアは必ず落としましょう。

お通夜や葬儀は厳粛な場ですので服装が非常に大切です。人がたくさん集まるからといっておしゃれをするのではなく、きちんとした正装で参列することが大切です。


<ご参考:葬儀斎場(東京都23区内)>
大田区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
港区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
目黒区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・代々幡斎場・臨海斎場を利用する事が多いです。
品川区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
世田谷区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・代々幡斎場・臨海斎場を利用する事が多いです。
文京区の方は、火葬場併設の落合斎場・町屋斎場を利用する事が多いです。
杉並区の方は、火葬場併設の堀ノ内斎場を利用する事が多いです。
渋谷区の方は、火葬場併設の代々幡斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
新宿区の方は、火葬場併設の落合斎場を利用する事が多いです。
中央区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・町屋斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
千代田区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・町屋斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
練馬区の方は、火葬場併設の堀ノ内斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
板橋区の方は、火葬場併設の戸田葬祭場を利用する事が多いです。
足立区の方は、火葬場併設の町屋斎場・戸田葬祭場を利用する事が多いです。
北区の方は、火葬場併設の町屋斎場・戸田葬祭場を利用する事が多いです。
葛飾区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。
中野区の方は、火葬場併設の落合斎場・堀ノ内斎場を利用する事が多いです。
豊島区の方は、火葬場併設の落合斎場を利用する事が多いです。
荒川区の方は、火葬場併設の町屋斎場を利用する事が多いです。
台東区の方は、火葬場併設の町屋斎場を利用する事が多いです。
墨田区の方は、火葬場併設の町屋斎場・四ツ木斎場を利用する事が多いです。
江東区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。
江戸川区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。

【公営斎場プランがご利用になれる地域】
■ 東京23区内の葬儀


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar