神奈川県(他市・町)の葬儀

神奈川県(他市・町)の葬儀

お香典の一般的な目安と出し方

周りの人が突然亡くなり、お通夜や葬儀に参列することになった場合に悩むことというのはお香典の中身や出し方だと思います。いくら包めば良いのか?お通夜や葬儀などある中でどのタイミングで誰に渡せばいいのか?ということが厳密に決まった規則などあるわけではないので分かりづらく、結構考えてしまいがちになります。

まずお香典の金額ですが、近親者に近いほどお香典の金額は高くなるので、一般に五千円から十万円と金額にもばらつきがあります。目安としては、友人や知人なら五千円、会社の上司や同僚、部下、その家族などは五千円。また祖父母や叔父、叔母、親族は一万円。そして自分の両親は十万円と、両親が一番高い金額となります。これらはあくまで目安なので、会社関係の葬儀の場合など、分からない場合は同じ立場の人へ相談して決めましょう。

そしてお香典の出し方ですが、お通夜や葬儀に参列した際に出すのが基本です。受付の方へ渡しましょう。もし受付がいない場合は直接ご遺族へ渡しましょう。訃報を聞いてすぐに駆けつける際などにお香典を持って行くのは、遺族もたくさんの訪問者の対応やお通夜や葬儀の準備などで立て込んでいるだけでなく、あまり早く渡すのは亡くなる前から予めお香典を準備していたという印象を与えかねないので避けましょう。

以上がお香典の中身や出し方です。そこまで難しいことではないので、あまり悩まずに自然に出しましょう。また、お香典を出さなくても、お焼香だけさせてもらいに行くこともあるので、必ずしもお香典を出さなきゃいけないということではありません。あくまで大切なことはいくら包むかということではなく、亡くなった方や遺族の方々に対しての心遣いや気遣いです。遺族の方々を助けてあげるような気持ちで出しましょう。

<ご参考:葬儀斎場>
相模原市の方は、火葬場併設の相模原市営斎場を利用する事が多いです。
横須賀市の方は、火葬場併設の横須賀市中央斎場を利用する事が多いです。
三浦市の方は、各式場から三浦火葬場を利用する事が多いです。
鎌倉市・逗子市・葉山町の方は、火葬場併設の小坪火葬場を利用する事が多いです。
大和市・海老名市・座間市・綾瀬市の方は、火葬場併設の大和斎場を利用する事が多いです。
愛川町の方は、火葬場併設の愛川聖苑を利用する事が多いです。
厚木市・清川村の方は、各式場から厚木市斎場を利用する事が多いです。
藤沢市の方は、火葬場併設の藤沢聖苑を利用する事が多いです。
秦野市・伊勢原市の方は、各式場から奏野斎場を利用する事が多いです。
茅ヶ崎市・寒川町の方は、火葬場併設の茅ヶ崎市斎場を利用する事が多いです。
平塚市・大磯町の方は、各式場から平塚市聖苑を利用する事が多いです。
中井町・大井町・松田町・山北町・開成町の方は、各式場から小田原市斎場・奏野斎場を利用する事が多いです。
二宮町・南足柄市・小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町の方は、各式場から小田原市斎場を利用する事が多いです。
城山町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・愛川聖苑を利用する事が多いです。
藤野町の方は、火葬場併設の相模原市営斎場・八王子市斎場を利用する事が多いです。

■ 神奈川県(他市・町)の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
     


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar