音楽葬のお値段の特徴について

音楽葬のお値段の特徴について

音楽葬という葬儀ですが、実はお値段について大きな特徴があります。
非常に分かりやすいものになっていますので、しっかりと事前に確認をされておくと良いでしょう。

その音楽葬のお値段の特徴ですが、演奏者の数によって変わってくるというものです。
当たり前のことですが、1人の場合がもっとも安く、2人3人4人と人数が増えることによって価格帯が変化していくことになります。
音楽葬で一人の場合は、基本的にシンセサイザー奏者やピアノ奏者が行います。

1名や3名と増えていけば、ボーカルやチェロ、そしてヴァイオリンなどがくわえられていくことになります。
音楽葬では、4人くらいが最大人数になることもあります。

ただ、合唱をしていただくような音楽葬になれば、もっと多くの人数になります。

一人当たり20,000円から30,000円ほどかかると思ってください。予算から音楽葬の演奏者の人数を決定しても良いかもしれません。

音楽葬といえば思い浮かぶのは

音楽葬といえば、すぐに頭に浮かぶのは元XlapanのHIDEさんの葬儀と、ZARDの坂井泉水さんです。

どちらも音楽葬として認識してますが、もしかすると、これは偲ぶ会のことであって、きちんとした葬儀は一般的なスタイルでやっていたのかもしれませんが、葬儀にその人が生前演奏していた音楽を奏でる音楽葬はとても素晴らしいと思いました。

残念ながら、仏教の読経もキリスト教の賛美歌もなじみが無いし意味もわからないので、これらを延々と聞いていて眠くて苦痛だったという経験がある参列者はとても多いと思います。

それであれば故人が好きだったもしくは演奏していた、音楽を聞くことが出来る音楽葬のほうがずっと故人を偲ぶ事ができますよね。

最近の葬儀は演出をしっかりとしてくれるので、あらゆる場面で音楽を使うのですが、この音楽だけでも故人の好きな音楽を使うのも良いと思います。

結婚式どうよう葬儀もお決まりのスタイルじゃなく、故人の趣味に合わせてアレンジする時代です。

音楽葬はその代表になるもののように感じてます。



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar