連帯保証人が存在する場合の任意売却

連帯保証人が存在する場合の任意売却

住宅ローンが払えなくなり、任意売却を考えている人にとって、連帯保証人の存在は考慮しなければならないポイントです。
住宅ローンには保証会社にお金を払う等して連帯保証人が必要ない場合もありますが、その様な金額を節約する等の理由で連帯保証人を立てている場合、債権者はより確実にお金を取れる所から取ろうとしますから、任意売却よりもまず連帯保証人に催促に向かいます。
連帯保証人に十分な資力があると認められれば、債権者から任意売却の承諾が得られない可能性もありますし、債権者には担保保存義務がありますので、任意売却をするには基本的に連帯保証人の同意も必要になってきます。 なのでどちらに転ぶとしても、連帯保証人との話し合いは行わなければなりませんが、債務者側が一方的に多大な迷惑を被せるのですから、十分に配慮する必要がありますし、また口論になることもあるかと思います。
そんなときは任意売却専門の業者に間に立って貰って連帯保証人や債権者との交渉をして貰うのが良いでしょう。 任意売却を成功させ、残債を少しでも減らすことが連帯保証人への負担の軽減にも繋がります。


任意売却の手続きとはどういうものか

今回は任意売却の手続きとはどういうものか考えてみたいと思います。 住宅を購入する場合に通常は金融機関からお金を借りて住宅ローンを組みます。
一般的に問題なく住宅ローンを払っていれば任意売却のことを考える必要はありません。しかし、何らかの理由で住宅ローンを払えなくなると任意売却の手続きが必要になります。 では実際に任意売却をする時にどのような手続きをしたらよいかというと、一例として以下のような流れになります。
・家の所有者は、金融機関や専門の業者に任意売却に関する打ち合わせや相談の連絡をする。
・実際に金融機関や専門の業者と会って打ち合わせを行う。 ・任意売却をする物件について査定をしてもらう。
・債権者と任意売却の条件について交渉を行う。
・交渉の結果、満足のいく条件になった場合は任意売却の契約を行う。
以上、任意売却の一例を説明させていただきました。専門業者などによって任意売却の流れが違うかもしれませんが、参考になりましたら幸いです。

【神奈川県(他市・町)】
任意売却 相模原市/ 任意売却 鎌倉市/ 任意売却 逗子市/ 任意売却 三浦市/
任意売却 葉山町/ 任意売却 厚木市/ 任意売却 大和市/ 任意売却 海老名市/ 任意売却 座間市/ 任意売却 綾瀬市
任意売却 愛川町/ 任意売却 平塚市/ 任意売却 藤沢市/ 任意売却 茅ヶ崎市/ 任意売却 秦野市/ 任意売却 伊勢原市/ 任意売却 寒川町/ 任意売却 大磯町/
任意売却 南足柄市/ 任意売却 中井町/ 任意売却 大井町/ 任意売却 松田町/ 任意売却 小田原市

Calendar