任意売却のいろいろなメリット

任意売却のいろいろなメリット

任意売却のメリットは、売却が誰にも知られないでできることです。 任意売却の方法は、普通の中古の不動産売買と同じです。 そのため、任意売却の場合には、債務で悩んでいることを他の人が分かることはありません。
一方、競売の場合は、裁判所で情報を見ることができ、新聞やインターネットなどで紹介されるので、競売が他の人に分かってしまうことがあります。 任意売却のメリットは、残った債務の返済が軽くなることです。 不動産を任意売却で売ったとしても、住宅ローンが完済できないため残ったものを残債務といい、不動産を売った後も返す義務があります。
しかしながら、任意売却では、残債務の毎月の返済金額や返済期間について交渉を債権者と行うことができます。 売る際の仲介手数料、滞納している税金、専門業者への相談料や報酬、不動産管理費などについては、任意売却での売却代金から債権者が配分してくれるので、基本的に債務者が負担する必要はありません。


任意売却の場合のQ&Aについていくつかご紹介しましょう

任意売却を初めて行う場合には、任意売却についてよく分からないことが多いのではないかと思います。
そこで、任意売却の場合のQ&Aについていくつかご紹介しましょう。 任意売却というのはどのようなものでしょうか? 任意売却というのは、金融機関などから不動産を売却することを強制されるということではなくて、任意売却を専門に取扱っている業者などや弁護士などが仲介を行って、不動産を債務者が任意に売ることです。 任意売却を行った後に、残った債務というのはどうなるのでしょうか? 任意売却を行った後に残った債務についても、引き続いて返済することが必要です。
債権者である金融機関などと交渉を行うことによって、毎月の返済金額や返済期間を変更してもらえることがあります。 任意売却を行っても売れないような場合というのは、どのようになるのでしょうか?
万一、不動産の売買が成立しないような場合には、売却期間の延期を申し入れるか、競売を金融機関が取り下げなければ競売へ進みます。

Calendar