無宗教葬をするためのアドバイス

無宗教葬をするためのアドバイス

葬式の際に無宗教葬をしようと考えている人にアドバイスがあります。無宗教葬は音楽を生演奏したり流したりする葬儀方法で、宗教に関係なく利用する事ができます。なので、無宗教葬はとても高い人気があり、亡くなった人との生前の思い出がある曲やよく一緒に聞いていた曲などを聞きながら葬儀を行えます。

 無宗教葬は音楽を愛していた人が亡くなった際や、音楽をよく聞いていた人が亡くなった際に活用する事が多く、ミュージシャンなどの葬儀にかなりオススメです。

 葬儀方法には沢山の種類がありますが、音楽を流して落ち着いた雰囲気で葬儀を行えるので、音楽を愛する人にとって無宗教葬は最高の葬儀方法です。音楽が好きな演奏者や、作曲者が亡くなった際には無宗教葬を強くオススメします。

ピアノ音楽で無宗教葬をした理由

知人の女性は、ピアノ奏者のリチャードグレイダーマンの大ファンでした。

彼の音楽が大好きで、毎日彼の音楽CDを聴くのが日課となっていました。

その女性は、病気を患っていて、高齢だったこともあり、ずっと入院生活をしていました。もちろん、病室でも毎日リチャードグレイダーマンを聴いていました。

もう、自分の命が短いこともわかっていて、自分の葬儀は必ず無宗教葬にしてほしいと、家族に伝えていたそうです。

もちろん、だいすきなリチャードグレイダーマンの音楽を流してほしい、と。

そして、女性は亡くなってしまい、本人の意向で無宗教葬がとりおこなわれました。

ピアノの音楽静かに流れた、穏やかな無宗教葬でした。

私は、初めて無宗教葬を体験しましたが、すごく亡くなった本人のことを思った家族の思いが伝わり、とても良い無宗教葬でした。



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar