杢をめでる

杢をめでる

杢をめでる仏壇の楽しみ方

仏壇や家具にもよく使われる銘木ケヤキには、よく「玉杢(たまもく)」や「如輪杢」、「笹目杢」という珍しい木目が見られます。中でもケヤキの「如輪杢」といえば最高級の杢といわれ、大変希少な杢なのだそうです。

通常、木材に見られる年輪などの模様のことを木目と呼びますが、それとは違った模様のことを総称して「杢(もく)」と呼びます。杢の出る部分というのは、樹皮の上から見ると親指で押したような丸い窪みがあるのでわかります。樹皮を剥いでみると、この窪みの部分に瘤があって、この下に杢が出ることがほとんどです。

多くは300年以上の銘木といわれる材にあり、製材した際に表れます。ケヤキに見られる連環状や渦巻き状の模様の玉杢や魚の鱗状の模様の如輪杢、笹の葉を折り重ねたような細かい杢目のように見える笹目杢などは多くの杢の中の一部の模様で、杢はそれ以外にも、網杢、泡杢、稲妻杢、渦杢、鶉杢、絵巻杢、火炎杢、蟹杢、雉杢、銀杢、孔雀杢、絹糸杢、瘤杢、笹杢、さざ波杢、さば杢、縞杢、如鱗杢、白杢、たくり杢、筍杢、玉杢、縮み杢、鳥眼杢(ちょうがんもく)、縮緬杢、虎斑(とらふ)、虎杢、中杢、波杢、縄目杢、バイオリン杢、葡萄杢、放射杢、舞葡萄杢、山杢、りぼん杢、リップルマーク、雲頭の杢、糠杢など、本当にたくさんの杢があるそうです。

木目もそうですが、杢というのは天然木が育つ過程で自然にできた模様ですので、二つと同じ形は存在しませんね。だからこそ趣き深いものなのでしょう。同じ杢を見ても、見る人によって、これは玉杢だと言ったり、いや泡杢だろうと言ってみたり、仏壇を見ながらそんな話をああだこうだと交わすのも面白いものではないでしょうか。

そんな杢を味わいとした仏壇の選び方をすれば、長い年月を共にする仏壇への愛着もひとしおというものかもしれませんね。仏壇選びの際にどうしても迷ってしまったときには、好きな杢がある方を理由に決断してみてはどうでしょうか。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar