唐木仏壇-1

唐木仏壇-1

唐木仏壇の材木の種類

材質や、作られる職人さんの技術など、仏壇であっても気の遣い方は家を建てるときと同じですが、使われる木材の種類というのは家とは少し違ってきます。仏壇全般では、杉やヒノキ、松なども使われますが、ここでは唐木仏壇の材木の種類についてお話ししたいと思います。

唐木仏壇に使われる木の種類には、基本的なものでは黒檀や紫檀、ケヤキなどは銘木として有名です。その他にはウォールナット(くるみ)、黄王檀、鉄刀木(タガヤサン)、黒柿(シャム柿)、桜、屋久杉、桑なども使われます。特に黒檀や紫檀やウォールナットなどにおいては、とても強い材質なことから耐久性があり、木質も細やかなため木目もとてもきれいなので、長く愛用される人にはとても評価が高いそうです。

さらに、乾燥性がいいという木の特徴は虫の害に侵される心配が少なくなるため、仏壇に向いている素材とされているようです。よく使われる素材の中でも、国産の木材と外国産のものとがあります。国産にはケヤキ、桑、屋久杉などがあり、外国産では黒檀、紫檀、黄王檀、鉄刀木(タガヤサン)、黒柿(シャム柿)、桜などのほかにもセピター・カンス・花梨・パーロッサなど、多くの木材が輸入されて使われています。しかし、同じ黒檀や紫檀などの高級素材を使われているからといって、必ずしも良い素材とは言い切れないそうです。

なぜなら、やはり同じ種類の木であっても育つ環境において乾燥性や強度などには差が出てくるからです。けれど、買い手側からすればそんな事情は全くわかりません。黒檀だといわれれば一級品だから値段が高くなってもしょうがないと思いますからね。金仏壇を選ぶとき同様、信頼できる仏壇やさんに通って素材や材木の流通まで突っ込んだ話を聞いてみるとか、多くの仏壇を何度も目にして、目を肥やすことも大切なことかもしれませんね。

素材と金額、どれが釣り合いが取れていて予算に見合うものなのか、決断をするのは結局は自分なのですから。

葬儀地域別情報・神奈川県(横浜市)
葬儀 鶴見区 葬儀 神奈川区 葬儀 西区 葬儀 中区 葬儀 南区
葬儀 港南区 葬儀 保土ヶ谷区 葬儀 旭区 葬儀 磯子区 葬儀 金沢区
葬儀 港北区 葬儀 緑区 葬儀 青葉区 葬儀 都筑区 葬儀 栄区
葬儀 泉区 葬儀 瀬谷区 葬儀 戸塚区
葬儀地域別情報・神奈川県(川崎市)
葬儀 川崎区 葬儀 幸区 葬儀 中原区 葬儀 高津区  葬儀 宮前区
葬儀 多摩区 葬儀 麻生区



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar