便利な道具

便利な道具

時折使われる仏具たち

必ずしも必要なわけではありませんが、時折使われる仏具や法具というものもいろいろあるものです。今回はそんな道具を少しご紹介したいと思います。打敷(うちしき)」というのは、お仏壇の前卓や、もしくは上卓の下に挟む敷物のことです。

お釈迦様が座っていた高座の上に敷かれていた敷物が由来ですが、打敷は普段は掛けることがありませんが、命日やお彼岸、お正月、法要のときなどに使われ、四十九日の法要には白無地のものが使われます。宗派によっても形に違いが見られるもので、浄土真宗では三角形、他の宗派では四角形です。

「金襴製座布団」は仏壇でお参りする時専用の座布団です。気を鎮めて仏前に向かいお参りするために、仏前にふさわしいものをと準備するのが金襴製座布団です。必ずしも準備しなくてはならないものではありませんが、金糸を使って作られたきれいな座布団ですのであれば気持ちもしゃきっとするものかもしれませんね。

「過去帳」というのは、亡くなられた方の戒名(法名)、没年月日、俗名、行年(享年)などを、命日の日付のページに記入しておく帳簿で、月命日の日に開いてお参りをします。位牌がある場合は、家の記録としてお仏壇の中にしまっておくこともあります。過去帳を見やすくするためにのせる「見台(けんだい)」という台もあると便利です。

「供養膳」または「霊具膳」と呼ばれるお膳は、亡くなられた仏さまに精進料理をお供えする小型のお膳です。飯椀、汁椀、壷椀、平椀、腰高杯とが組になっていて、精進料理を盛り付けます。肉や魚や酒などは、人間臭い世界に呼び戻すことになるといわれているので避けた方が良いとされています。

ただし、東西本願寺などの真宗系では使われることはありません。「木魚」はあまり普通の家庭にあることはありませんが、お坊さんの読経や唱名の際に打ち鳴らして使われます。表面には魚鱗が彫り込まれている木魚の名前の由来は、魚は昼夜目を開けていることから、怠惰を戒めたものだといわれているそうです。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar