ご本尊・脇侍の違い

ご本尊・脇侍の違い

宗派によるご本尊・脇侍の違い

通常の仏壇には仏壇用の仏像というものが祀られます。たいていは「ご本尊」と呼ばれていますね。ご先祖さまの霊を守り、祈りの中心となる仏像で、仏壇に納められるものなので小さな仏像ですが、自分の好みで選んでいいというものではなく、気をつけなければならないのが宗派によって仏さまは違うということです。

それから、両脇にその教化を助ける役割をする脇侍(きょうじ・わきじ)と呼ばれる菩薩や明王、天を配置したりもします。これも宗派によって違うので注意が必要です。この脇侍を置く場合には、ご本尊のことを、中央に位置することと信仰の中央にあるという意味から「中尊」と呼びます。では宗派別のご本尊、脇侍についてお話ししましょう。真言宗のご本尊は大日如来です。

脇侍は、向かって右側に弘法大師、左側に不動明王です。浄土宗のご本尊は阿弥陀如来。脇侍は、向かって右側に善導大師、左側に法然上人。浄土真宗本願寺派のご本尊は阿弥陀如来で、脇侍は向かって右側に親鸞聖人、左側に蓮如上人。曹洞宗・禅宗・臨済宗のご本尊は釈迦如来。脇侍は向かって右側に道元禅師、左側に瑩山禅師。日蓮宗のご本尊は日蓮上人。

脇侍は向かって右側に大黒天、左側に鬼子母神。真宗大谷派のご本尊は阿弥陀如来。脇侍は向かって右側に十字名号掛軸、左側に九字名号掛軸。ただし同じ宗派であってもさらにその中の宗派によって微妙な違いがあることがあります。

例えば、浄土真宗大谷派は東阿弥陀如来ですが、浄土真宗本願寺派は西阿弥陀如来などです。ご本尊を準備する際には、自分の家の宗派をきちんと把握して仏壇やさんに相談すべきですね。それから、ご本尊が納められるときには、お坊さんを招くかお寺に伺い「開眼供養」を行ってもらわなくてはなりません。

開眼供養とは、仏像に仏さまとしての魂を入れる儀式のことです。この儀式が済んで仏さまとなった仏像を仏壇に納めてようやく仏壇が仏壇としての機能を始めるというわけです。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar