仏壇・仏具の手入方法

仏壇・仏具の手入方法

仏壇、仏具のお手入れ方法

月に一度の仏壇のお手入れをしようと決めた日には、毛ばたきを持つよりもまず最初にすることが、礼拝です。ご本尊や位牌にお線香をあげ拝んでから仏具を移動するようにしなくてはなりません。

くつろいでいる部屋をいきなり何も聞かされずにひっかきまわされたのでは気分がいい人はもちろんいませんよね。少し空気が落ち着いたところでお手入れを始めますが、金仏壇の場合も唐木仏壇の場合にも、まずは上から順番に毛ばたきでほこりを払います。

しかしパタパタと勢いをつけてはたくと、毛ばたきの芯が当たって仏壇を傷つけることにもなりかねないので、優しく、軽くはたいていきます。次に柔らかい布で軽く拭いていきます。目立つ汚れのときには固くしぼった柔らかい布で優しく拭いていき、さらに乾いた布で拭きます。

しかし金仏壇の場合には、注意点がひとつ。金箔や金粉の部分には絶対に触れないよう注意が必要です。純金はとても柔らかいため、もしも触れたり布などで拭いたりしてしまうと、はがれの原因となってしまいます。十分に気をつけたいですね。

さて、細かい彫刻などの部分はほこりもたまりやすい上に特に掃除が大変な部分ですね。そんな細部には、丸めた綿でくるっと回しながら軽く拭いていくとラクにお手入れが進みます。唐木仏壇の場合には、仏壇用のツヤ出しの液を使って仕上げるのもいいですね。

日常的なお手入れの場合には、ほこりを払って乾いた布で拭く程度で十分です。柔らかい布というのも、仏壇用にいろいろな素材のクロスが売っているのでそれらを利用すると迷わなくていいかもしれませんね。さらに、仏具のお手入れをすることも忘れずに。

マッチ消しの中身は捨て、香炉の灰もふるいゴミを取り除きます。仏具には、磨と呼ばれるものと、加工のものとがあります。加工のものとは、金メッキやフッ素加工、色付けなどが施されているものを指します。磨の仏具のお手入れは、金属用の研磨剤が売っているので、布に付けて軽く磨いていくと表面の曇りがとれて輝きを取り戻しますし、りんや花立などの真鍮のものは、真鍮磨きで磨くようにします。

高杯や仏器台など、漆塗金箔のあるものは毛ばたきでほこりを払った後、柔らかい布で拭きます。くれぐれも手アカや指紋を残さないように作業用の手袋をしてお手入れをすると確実かもしれないですね。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar